中年とダイエット

中年ダイエット

こんにちは マルコです(●’◡’●)

昨日はテレワークをしていましたが 暑さを理由に一歩も外にでておりません

基礎代謝などどいうものは若さの特権 50代ともなると代謝は滞り冷房とのダブルパンチでむくみまくりです

3度の食事は規則正しくいただきましたので 難しい計算などしなくてもカロリーオーバーです

ダイエットというと女性がするものというイメージがあり 男性陣はあまり気にせず飲んだり食べたりしている感じですが 近頃は少し様子が変わってきたように思います

中年世代のダイエット 目的は 見た目じゃない 命のためだから男女差はありません

勝負の3kgダイエット

私は身長154cmなのですが 体重が一番多い時で63kg近くありました

小学校高学年の頃から太りはじめ だいたい体重は58kg前後をうろうろしている常時小太り体系

40代後半が一番多いころで それまでなんとか60Kgを超えないようには気をつけていたものの ついにリミットオーバー

そして・・・

会社の健康診断でひっかかりました

健康保険組合の財政が厳しいという事情もあって 予防医療に力を注ぎ始めたことから 検診結果が芳しくないと指導なるものが行われます

私の場合は血圧の数値が高かったため 生活習慣改善のため専門の保健師さんから指導がありました

他にも呼び出された同僚がいたので「どうだった?」と聞いたところ 指導内容はその人の状態によって異なっており 

私の場合は軽度だったため 生活習慣改善の冊子と体重・運動記録用の用紙をもらい目標を定めて面談終了

同僚の場合は面談で改善目標を設定したあと 次回の面談なるものもあり 数回の指導がついていました

ようするにちゃんと結果でてるか確認されるんですね

このような生活改善指導を健康保険組合と会社で実施してくれるとは ありがたいと言えばありがたいのですが 呼ばれると複雑な心境になります

そこで心を入れ替えて 飲酒を控えたり食事内容も見直したりすれば 病気になるリスクが軽減されるのですが それでも変わらない人もいるし 一時的に改善してもまたリバウンドする人はもちろんいます

私はこの時に少し改善できて 現在は56kgぐらいでなんとか収まっているので自分としてはOKということにしています

実際には53kgぐらいにしないといけないのでしょうが この3kgが厳しいんですよね・・・

ダイエット経験者はわかるはずですが 3kg体重が減ると見た目も体調も確かに変わる

だけど このたった3kgを減らすこと それを維持することが大変なんです

足にくる

痩せるために糖質制限をするのは 今では珍しくない

白米は子供用に軽くお茶碗1杯が許された量 食べる順番は野菜や汁物が先で糖質は一番最後

糖質制限ダイエットに挑戦して 結果を出した人も多いと思います

食事内容を考えることはもちろん必須ですが やはり避けては通れないのが 運動

ただし、無理は禁物です

意を決して始めたジム通いなどは ほぼほぼ続きません

しばらく気分のノッている間は通えても そのうち徐々に足が遠のいていくもの

そもそも 太っちょさんは運動嫌いか 身体を動かすのが億劫ですから

悪いことは言いません まずは最初の一歩 本当に一歩 外にでて近くを少し歩いてみましょう

万歩計の名前が万歩だからといって 急に10000歩は危険です 足にくるから!

8000歩続けましょう

集中して10000歩歩くのは かなりキツイはず

3000歩➡5000歩➡8000歩➡10000歩と 慣らしていくことをお勧めします

最終的には日常生活の中で1日8000歩程度を歩く習慣ができるのが 無理せず続けるコツかなと思います

基本がデスクワークの場合 1日に8000歩は意識すればなんとか達成できる目標です 

10000歩は歩く時間をわざわざ確保しないと達成できません

朝の出社前とか 仕事終わりに頑張れますか?

私は無理でした 

なので、テレワークの時も出社する時も同じに 1日に8000歩をちょうどよい着地点と決めて続けています

時には、8000歩を超えて10000歩に達する日もあり ボーナスポイントを手に入れたようで嬉しいです

自分の生活習慣を知るためにぜひ取り入れて欲しいのが スマートウォッチ

3000円ぐらいの価格帯の物でも 時計・歩数計・心拍数・座りすぎ通知、睡眠記録など機能的には十分です

設定して着けるだけでも意識は変わりますよ

さあ 最初の一歩始めてみましょう~ (^^ゞ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました